2018年5月8日火曜日

MRI【元】被害者団団長安仲(やすなか)について1

こんにちは。こんばんわ。笑顔が大事^^
皆様、お元気でしょうか。

さて、くそみそにある事ない事言われているね。僕って奴は。。。

ネットの表面上だけのソースを見て、あーでもない、こーでもないと
言ってアホかとバカかとね。

まぁ、このサイトの運営主は【企業では】が口癖の安仲健二という山口県光市にいる人でMRI被害者団の団長なんてのをやって【いた】んだよね。

この安仲という人物と接触をしたのは、メールの履歴を見ると2013年のお4月下旬ころ
だった気がする。
ポール武蔵鈴木の事をポール牧と書いていた、変な人だったね。

オカルト掲示板では、COというハンドルネームで活動をしているようだ。

さて、言いたい放題言われているのでレスポンスでもしてやるか。
赤字は俺のレス

-------------------------------------------------------------------------------------------
ドクターX :2017/04/22(土) 12:14:05
http://bwkng.bbs.fc2.com/

上記にも過去内容がされています。
ご参照ください。

===========================
下記は、ある筋から得た事実に基づく情報である。

MRI被害者団の代表が突然に辞任したので、急きょメール会議が実施されている。
■辞任しようがしまいが、いつもメーリングリストで話し合いや情報供給はしているのだがね。

所属人数は20人程度の被害者が集まり、事務局主催で某弁護士監査の元行われている。
■20人じゃないよ。30人以上いるよ。事務局主催???どこの事務局だよ?
弁護士は監査なんかしてない。
以下の打ち合わせは、2016年末になされていたそうだ。
その時には、旧被害者団長は既に退団されいた。
■突然、体調が悪くなっただの、ヘタレな事を言って辞めたんだろ。

「某氏からの提案は、現状のままでは納得できない。弁護団がレッドフラッグが無いから、銀行裁判は現時点で難しいというなら、私たちで見つける方法を探しましょう。」といった内容提案であった。
■某氏とは、福岡在住のOという女な

「残っている被害者団の寄付金をネット広告等を打ち、ウェルズファーゴ銀行職員解雇者の中から情報が上がるのを期待」提案する内容であった。
ところが、提案者に対し主催者側からは、「到底書けない内容で、冷酷却下がされた。」との内容であった。
■主催者が誰かは知るところではないが、メーリングリストに参加をしている人間からは無謀すぎるという反応だっただろ。簡易的に、見積もりをしたら、数百万円になるし、予算を超えているから無理と言っただけなんだがな。
却下なんかしていないし、俺からは予算の範囲でできる内容で代案を考えて発言をしたんだけどな。冷酷却下なんてしてないぞ。

この情報を報告頂き何点かの疑問がある。

1)被害回復を目的に提案したのになぜ、その提案がダメなのか。
銀行相手裁判が一番大事だ。

■予算オーバーで現実味がない。GoogleやYahooに広告を出す費用はもとより、情報の受け入れ先を米国の弁護士にするときたもんだ。弁護士の費用はどうするのか、翻訳費用はどうするのか、誰が責任者になって行動するのか、考えれば沢山の問題が出てくる。その辺りも全く考えていない。被害者団の名前で活動するのは反対はしない、やるなら自腹であんたの責任でやってくれと言っただけだがな。

2)そもそも、被害者団は被害者の集まり、被害者に決定権があるはずだ。
 主催者は、本事件に投資しいないと過去の記述に有る。
株主総会に例えれば株主でないものが、株主総会に出席し重要審議事項の可否を決めている。

■嫌なら辞めろ。自分で組織しろ。

3)本件審議主催者は、審議時点で投資案件の生前贈与を親族より受けていたのか。

■生前贈与なんてされてもねーよ。こんな怪しいもの贈与されたら速攻で売却だ。

4)2、3の条件どちらかの条件が、もれていたのであれば監査していた弁護団は、問題は無いと認めていたのか。
■だから、弁護団は監査なんてしてねーよ。

被害回復の「車の両輪」とは何を意味していたのか知りたい。
■俺みたいなバカが見てもバカだと思う人と一緒に走れるわけねーだろ。

上記は、重要な事実であり、局面打開を図る提案のように思う。
何故、その提案を被害者団が拒絶したか、被害者からして理解しがたい。
■もう分かったろ?

以上

=============================

http://bwkng.bbs.fc2.com/

下記にも過去内容がされています。
ご参照ください。 

---------------------------------------------------------------------------------------

とりあえず、ここまで次号に続く

0 件のコメント:

コメントを投稿