2018年5月8日火曜日

オカルト掲示板への返信1

■赤色太字は俺のレス

被害回復提案 阻害行為の疑義2 (Res:6) All First100 Last50 SubjectList ReLoad ▲6▼
1 :ドクターX :2017/04/22(土) 12:26:49
http://bwkng.bbs.fc2.com/

上記にも過去内容がされています。
ご参照ください。

=============================
被害者から被害者団活動に不満爆発。「もう二度と被害者団と関わりたくない。」とのコメントが増えている。
■頭のおかしい奴に関わりたくないのはこっちだよ。

しかし、2017年末の銀行訴訟時効が刻々とやってきている。諦めたらその時点で終わりだ。
本来、被害者団と弁護団とが協力する姿勢は評価できる。だが、なぜか被害者団への不満は噴出するばかり。非効率で無駄に過ぎていく時間の使い方など、解決の糸口すらないのか。
■解決したいなら自分で組織して作れよ。非効率で無駄だと思うならご自分でお作りください。

様々な、問題状況を関係筋から頂き整理すると、問題根源は今の被害者団(実態はMRI金融被害に関する勉強会」)にあり、次の4点の可及的速やかな改善を求める。

1)被害団実態は(実態はMRI金融被害に関する勉強会」)と関わりたくないと不平不満が増えている、その原因は執行部事務局に有る。
(根拠理由説明)
「 被害者団執行部の一部には必ず個人攻撃をする人がいて、連絡網がメーリングリストの時代になってから、関係ない人までメールを送りつけられトラブルに巻き込まれることがよくあった。」
■連絡網は当初からメーリングリストだけどな。
「聞いてもいない人の悪口や噂(うわさ)話がよくメールでまわってきました。」
■メールの履歴は全てとってあるが、そんなメールはないぞ。
「特定の個人を誹謗(ひぼう)中傷する長文メールを、関係者だけでなくわざと間違ったフリして本人に送りつけたりする。」
■こういう類のメールもないのだが^^
 上記を読んで気になるのは、現場の渦中(被害者団)にいる人たちの心理状態だ。
■なら、やめればよい。  
2)事務局長の退任要求
根拠理由説明
今の被害者団幹部体制は、本来一部退任していただかなければならない方が、存在しますよ。そのほうが多くの被害者のためになります。」
現状被害者団の運営状態が正常なら問題ない、被害者には迷惑になることは無いだろう。  人間関係のトラブルや会費の使い方に関する次のような不満の声もあがっている。
「逆らうものはいじめ抜きます。脅威を感じる被害者に対しては、ミスを見つけ次第つるし上げ、ヤンキーの世界顔負け」(匿名)
■ミスを吊るし上げてイジメるという非効率なやり方はしないよ。無視するだけだ。
反対の意見を言われてもしっかり聞く姿勢も示したし、間違っていた事は認めたと思うけどな。
「やっていない人への陰口がひどく、気が滅入(めい)った。罰ゲームかと思った」(匿名)、
■やっていない人の陰口なんて言ってもないよ。相手にしないだけ。
「説明会イコール必ず飲み会。説明報告も何がおいしかったとかの内容が多かった」(匿名) 
■飲み会を強要したことなんてないけどな。それに、何が美味しいって話もした覚えもないが。
ま、所詮、匿名で書いているから書いた本人の創作なんだろうけど、名誉棄損じゃね?(笑)どうでも良いわw

現在執行部在籍幹部の一部に問題があるのだ。即刻該当者は退任すべきだ。被害者ではないものが、重要審議案件の議論に関わるべきでない。

3)寄付金と残された時間の有効活用
根拠理由説明
 1)2)の多くの鬱屈(うっくつ)や怨嗟(えんさ)の声があるにもかかわらず、何年も変わることなく存続してきた。民主主義が存在しない組織運営方法を変えない限り、一被害者として、今回詐欺被害回復の糸口は見出せ無いと考える。
現在、不在の被害者団長は着任時には、上記被害者団問題点を速やかに解決し、残された時間と被害者からの寄付金を、有効に活用頂きたい。
■鬱屈とか怨嗟やら、もう少し簡単な表現をすればよく伝わると思うんだが、、、、だから嫌なら自分で組織しろ。

4)後任被害者団長の責任性追及(無責任に団長を受けないで欲しい)
■無責任に被害者団団長を受け辞めて、着信拒否までして逃げて、被害者団の各種手続きなど安仲健二名義になっていたので、経理や私がどれだけ苦労をしたのか想像もつかないのだろうな。
根拠理由説明)
後任被害者団長は、自ら今の被害者団で有効活用出来ない判断をされるなら、被害回復のため有効な活動組織が有れば、寄付金等、可及的速やかに権限譲渡され「被害者が被害回復期待」出来る活動支援を選択すべきだ。その選択を取る方が、多くの今回詐欺被害者のためになる。
このまま、国内裁判が終わり、SEC勝訴分と足しても、ここから何もしなければ、弁護士依頼した実費のリターン数万程度円+α円(頭割換算)が推測されている。(ドル円為替により不確定要素有り。円高になればリターンがなると理解ください。)
繰り返すが、銀行訴訟時効は2017年末にやってくる。残された時間は既に1年を切っている。諦めたら終わりだ。
■掲示板で文句を言うくらいなら、自分で動けと思いますよ。

============================
http://bwkng.bbs.fc2.com/

上記にも過去内容がされています。
ご参照ください。 

0 件のコメント:

コメントを投稿