2017年12月24日日曜日

MRI事件と税理士法人アークアンドパートナーズ

MRIインターナショナル事件について雑感などを箇条書きで。。。



(写真はアークアンドパートナーズ代表内藤税理士)
アークアンドパートナーズMRIインターナショナルの投資勧誘セミナー
で以下のように顧客らを勧誘したらしい。
『MRIインターナショナルの商品は間違いないですよ。』
代表内藤克税理士、福原英俊税理士

後に、1365億円8700人の詐欺被害者を出し、自殺者まで出した事件。
とても、優秀な税理士で投資アドバイザーとして尊敬しております。
投資詐欺でもするなら是非お取引をさせていただきたい。

アークアンドパートナーズは、詐欺会社MRIインターナショナル側につきセミナーである程度の金額の出資者に節税の為に法人化を進めていたらしい。
うーん、法人の運用も知らない素人に法人化を進めるのも何とも言えない気持にさせられる。
投資に対して明るいアークアンドパートナーズの内藤氏はじめ従業員は、被害者をもてあそんで陥れる事に何らかの喜びを感じていたのだろうか。

■さぁその、MRIインターナショナル投資詐欺事件で深く関わった、アークアンドパートナーズ(代表:内藤克)が、MRIインターナショナル事件とアークアンドパートナーズの事件を絡み合わせて書いたブログを、態々、ある弁護士事務所(MRI被害弁護団とは関係はない)を通じて削除依頼をしてきたそうだ。
ブログ主は仕事で忙しく長期間放置していた為、記事は削除され後に知ったらしい。。

■削除依頼を出すという事は、内藤克氏またはアークアンドパートナーズは相当にまずい事でもしたのだろうか。
記事が出鱈目な内容であれば、放置をしておいても問題もないが、態々、弁護士を通じて削除依頼を出したのは何かしら痛いところを突かれたのだそうか。
アークアンドパートナーズ代表内藤氏はじめ税理士福原氏従業員一同は、喜んでMRIインターナショナルのMARS投資を顧客に勧めて自らも投資をしていたらしいが本当だろうか。

■ある情報によると、MRIインターナショナルの投資商品を紹介して顧客を増やせば、キックバックがあったらしいので、よくに駆られて紹介をしたのではないだろうか。

アークアンドパートナーズ(代表:内藤克)は、多くのMRI投資詐欺の被害者がセミナーで会って名刺交換から密接に接触をしている。また、とある従業員からタレコミ(私に直接会って話した)から、MRIインターナショナルの幹部またはそれに近い人物と関わっている事は間違いないだろう。

アークアンドパートナーズと投資詐欺をしたMRIインターナショナルは
内藤自身(アークアンドパートナーズに所属する福原税理士以下)もこんな稚拙な詐欺事件に騙されたのらしい。
一般的な税理士であれば投資案件に接するのは一般人より多いだろう。

■プロフェッショナルとしての自覚、付加価値の高いサービスは老後の人生全てを崩壊させる投資商品を紹介することなのだろうか。

■MRIインターナショナルとの関りは、おそらく破綻した2013年から数えて10年以上の付き合いがあるそうだ。(読者情報)MRIインターナショナルでの第二種登録をする為に決算書の作成をしたり(鈴木順造被告が法廷で証言)MRI主催の投資勧誘セミナーでMRIの商品を『間違いのない商品です』と勧誘された(被害者情報)との事。
2008年より以前のハワイでのセミナーでは、税理士のアドバイスもあったと、MRIが発行しているニュースレターで語っている。おそらくアークアンドパートナーズ所属の税理士ではないかと思う。

MRIインターナショナルの勧誘セミナーで、アークアンドパートナーズが税金相談会を行うと告知する文書。
資料元https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=sites&srcid=ZGVmYXVsdGRvbWFpbnxtcmloaWdhaXNoYXxneDoyYzA2YjkzMjkwMmYxNDlm

0 件のコメント:

コメントを投稿